効果の出るホームページとは(4)


弊社で作らせていただいた効果の出たホームページのポイントの続きです。ついに四回目!

これを満たさず、安穏とやられている場合は、
結局なにも成果を出すことはないでしょう。

・業務とお客様を絞り込んで、専門店化し、その分野でトップとなる

よく小規模事業では、お客様のお困りごとに何でも対応してしまうという、
何でも屋になりがちです。
一度取引があって、その次のサービスであれば、
そうなっても特には問題はないと思います。
ただ、初めからそうだと、なかなか新規受注はむずかしくないでしょうか?
何屋だかわからないからです。
だから、困ったときにピンと思いつかないのです。

よく周りを見まわしてみると、
自分の周りには、
自分と同じようなサービスを行っている会社が結構あると思います。

その中で何が違うのか、が明確になっておらず、一歩抜けてないから、
新規受注にならないのです。

身の周りでも、そのような専門店化は良く起きています。
例えば、日本食屋さん。
きづけば、そば、うどん、カツ、牛丼、カレー専門店が出てきているのは、
簡単に想像することができるでしょう。

車屋さんでも、
ミニ販売専門、アメ車専門、トラック専門など、
様々な専門店ができています。

なんでもやるのではなく、
業務とお客様を絞り込む、ということです。

とはいえ、一度にそうするわけではありません。

新しく露出するときには、そのように告知して、
そういった新規の方を獲得しつつ、
現在のお客様に対応する、ということです。

また来週に続きます。