a0001_013662

人を育てる上で大切なこと

この4月から、新社会人になる方々は、ワクワク・ドキドキしている時期ではないでしょうか?
企業側でも、それぞれの新人をどう扱い育てていくか、思案の時ですね。
私も、新人の頃、仕事のことは何もわからず、言われたことを一生懸命マスターしようと頑張っていました。
しかし、同じ部署の同期の職員と仕事を進める中で、要領のいい人と悪い人があり、要領のいい人はやりたくない仕事は知らないふりをして、他の仕事を進めていました。
でも、その仕事は毎日やる仕事でしたから、誰かはやらなければならなかったので、「よし!それなら私がやってやる」と思い、黙って毎日進めていました。
そして、それが私の当たり前の仕事の様になり、誰も気にする人もなくなって、だんだん心が沈んでいきました。
二ヶ月が過ぎたある日、上司が「○○さん いつもやってくれて、ありがとう!」と言ってくれたのです。
「黙っていても、見てくれていたんだ。仕事に優劣をつけずに頑張て来てよかった。これからも、与えられた仕事、目の前の仕事に全力を向けよう」たった一言でしたが、心が救われ、仕事に対する意欲がわき、気持ちを新たにした事を思い出しました。
これは、上司が新人に対し、目配り・心配りをしていたからこそ、言えた一言だったと思います。
人間は、一人ひとり性格が違いますね。その人の個性を知り理解し良く見て、声をかけてあげることが、人を育てていく上で大切なことですよね。