sunnet-jp のすべての投稿

お客さんが離れるタイミング

今まで行ってたお店を変えるときって

どんな時でしょう。

 

ちょっと考えてみました。
●価格
小さな町にあった日用品屋さんがつぶれて、百均やホームセンターが出来ていったことは記憶に新しいですよね。大量仕入れならではの低価格は強いものです。
とはいえ、その中でも競争があり[主婦の店 ダイエー]がつぶれるなど、時代はPB商品でのより低価格かつ、高利益に商品が変遷していった歴史があると思います。
地域の大工さんがたてていた家もハウスメーカーの家に変わっていったり、も、同様ですね。

●品揃え
先ほどのホームセンターはいい例ですが、コンビニも省スペースにおける品揃えにおいてはトップを走っています。
品揃え>価格のよい例です。
少なくとも、専門店化してない商売は相当淘汰されていっていますね。リカーショップができ、専門店化しているお酒販売店は
生き残れましたが、そうでないと新陳代謝していってます。
本屋さん、cdショップはamazonの台頭で、軒並み潰れています。
商店街は小売りのお店が軒を連ねるのが一般的でしたが、今風の靴の専門店、大型ドラッグストア、大型電気店、大型家具店などに取って代わられました。
●品質
ユニクロの品質には私もお世話になっています。気づけば値上げしていて、ここでも、
品質>価格
に気づきます。

身近な小売りに集中してましたが、日本の製造業においても、スマホでは、世界シェア五位以下に落ちるなど、グローバルな品質においては苦戦しています。

ちょっと長くなってきたので、次回に続きます。

a0780_000850

イルミネーションの集客力

ここ数年、イルミネーションが流行っていますよね。
日本でのイルミネーションの始まりは、1904年銀座の明治屋で毎夜イルミネーションを灯したことからと言われています。
現在は、テーマパークや遊園地・公園を利用して、大々的なものから小規模なもの、地域や日本一を競ったりとしています。
幻想的で、美しく、自然と心が安らぐ光、普段見慣れた場所でも、夜になり、ライトアップされるとまるで別世界のように感じることも、イルミネーションは、感動と癒やしの効果バツグンですね。
代表的な物には、神戸の「ルミナリエ」九州の「ハウステンボス」千葉の「東京ドイツ村」栃木の「あしかがフラワーパーク」静岡の「時之栖冬のイルミネーション」三重の「なばなの里ウィンターイルミネーション」東京「よみうりランドジュエルミネーション」神奈川の「さがみ湖イルミネーション」などなどがあります。小さいものまで入れたら数えきれないほどです。
これも、LEDが普及した事によるものが大きと思いますが、それぞれに場所を活かし、テーマを決め、他の所と格差を図り、毎年新しい企画をしたりと工夫をこらしています。イルミネーションをデザイン装飾するという仕事もできました。
それぞれに特徴がありますから、全国のイルミネーション巡りをしようという人も少なく無いと思います。
それにより、夜は利用されることのなかったテーマパークや遊園地・公園に人が集まる様になり、寒い冬、温かい飲み物や食べ物も売れますし、おみやげを買う人も多くいます。
場所によっては、開催期間を伸ばしたり、一年中やっている所もあり、集客力の効果は絶大で、イルミネーションはビジネスにおいても様々な効果が発揮されていますね。

お祭りになぜ人が集まるのか その③

a0055_000942_m その③
屋台好きな人
祭りの屋台と言えば、「たこ焼き」「お好み焼き」「焼きそば」は欠かせませんが、その他のものは、時代とともに変わり地域によっても違ってきていますね。
この頃人気なのが、「ベビーカステラ」「牛串」「唐揚げ」「シャカシャカポテト」などでしょうか。
また、コーナーを作り、地域の商店街の人達が、地域の特産品を使った物や、B級グルメなどを販売し、祭りを利用した町興しをしたりしています。
それを、家族や友達・恋人と共にいただき、町並みを見て歩くのも楽しく至福の時ですね。
もちろん、参加するのも、見るのも、食べるのも、だーい好きと言う人もいます。
現在、祭りなどに便乗して、各地で色々なイベントが企画されていますが、今は、物の消費ではなく、体験型の消費活動へ移っている時代です。
自社内のサービスについても、そのような物へと変容できるものがないか、検討してみてはいかがでしょうか。

a1600_000097_m

お祭りになぜ人が集まるのか その②

前回は、山車や太鼓の話で終わってしまいましたが、それに加えて、地域の伝統的な祭りを継承するという参加する人達との仲間感(遠方にいる地域の出身者も祭りには帰郷する人が多い)、太鼓や踊り、そして曳き手の意気がピッタリ合い、見学の人たちから大きな拍手や声援を受けた時は、大きな一体感と充実感が得られることです。
祭りを見るのが好きな人は
参加するのが好きな人と同じように、全国各地・地域ごとに違う山車を見比べたり、一糸乱れぬ太鼓の打ち手に魅了されたり、ひとつひとつ違う顔の「獅子」を見たり、「獅子舞」の力強さや「ひょっとこ」「おかめ」「きつね」などの優雅さを保ちつつ、滑稽さもある舞に惹き込まれたりと、日常から離れ普段味わえないワクワクや元気をもらえることに、最大の魅力を感じ見に行くのではないでしょうか。

a0781_000018

お祭りに なぜ人が集まるのか? その①

皆さん、お祭りは好きですか?
お祭りが嫌いな人は、少ないのではないでしょうか。
太古の昔から、五穀豊穣や地域の交流を目的に実施されてきました。
山車・獅子・太鼓の音・踊り・一体感・屋台などそれぞれが魅力です。
お祭りに、人が集まる理由は、3つあると思います。

参加するのが好きな人は
山車や太鼓の音が好きと言う人が多い。
日本の祭りは、都道府県の文化財に指定されているものなどは5000件以上、山車や屋台などの出る祭りだけでも1300件以上もあるそうです。
山車の種類も、枠(鉾)の最上部に人形が載った「人形山車」 全体が屋根で覆われ、踊りやお囃子などの演奏を目的に行う「舞台屋台」 最上層に装飾的な屋根が付いた「屋根山車」 屋根は、唐破風屋根や切妻屋根・入母屋屋根、巡行時や格納時の高さを抑えるために、屋根を上下できるもの、また、からくり人形が演じたりするものがある。最上部に人形がなく、屋台全体を覆うような大きな傘や造花を飾った「笠鉾・花笠」 外部に太鼓が載り、太鼓を運ぶのが目的の「太鼓山車」 数は少ないがおもに海沿いの町の祭りに多い「船形山車」
その他にも、いろいろな山車や屋台があります。県内で変わっているのは、日立さくらまつりの「風流物」 廻り舞台になっていて、風流物が町を引き回されることはなく、15体近い人形のからくりが上演される。また、石岡のお祭りの「ささら山車」 3人のささら舞(獅子舞)の舞手を乗せて神幸祭で巡行し、指定の場所でささら舞が行われる。
太鼓の種類も色々ありますね。お祭りに使われるのは、おもに和太鼓ですが、お祭り用と演奏用では締太鼓の種類が違うそうです。 太鼓と言って、まず思い浮かぶのが「長胴太鼓」 お寺などでは「宮太鼓」と言われているそうです。
長胴太鼓に対して、胴の短い「平胴太鼓」 胴が短い分、音の余韻が短い。長胴太鼓と共に良く使われるのが「締め太鼓」 それにも2種類あるそうです。和太鼓演奏者が使う締太鼓と民謡・雅楽などで使われる、胴が漆で黒く塗られ、金粉やおめでたい柄の蒔絵を施したものです。
そして、東北地方 青森のねぶた祭などで使われる「桶胴太鼓」などがあります。
山車に魅力を感じるところは人それぞれですが、山車に施された彫刻も見逃せないですね。